カーボローディングでパスタやご飯はたくさん食べたほうがいい?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

最近よく耳にする糖質制限という言葉。

でも、脳の栄養源はブドウ糖って聞いたことがあるし、

米などの炭水化物はブドウ糖に変化するので、

糖質を制限するって脳に栄養が行かずに

ボーってしちゃうんじゃないの?

カーボローディングという言葉もあるし、

取らないとダメじゃない?

今日はそんなカーボローデイングに関する炭水化物の疑問に迫りたいと思います。


朝食推進派の考えから見た場合


現代医学では、午前中に活動するためにしっかりと朝食をとることを

重要に考えています。

朝食を取らないと、エネルギー不足になると考えられています。

特に脳のエネルギー源がブドウ糖なので、

ブドウ糖が不足すると、

「脳がエネルギー不足になる」

と考えられています。


朝食を抜く派の考え


朝食を抜く派の考えは、

何も食べない時間が続くと、

脳はブドウ糖以外の物質をエネルギー源として使うことがわかっているので、

エネルギー不足にはならない。


モチリンの分泌


モチリンとは、消化管ホルモンです。

モチリンは胃腸の掃除屋さんです。

モチリンは8時間以上何も食べないと分泌され始めます。

何も食べない時間が長いほど、活発に分泌し始めます。

お腹がすくと、お腹がグーとなることがあります。

お腹がグーとなるのはモチリンが分泌されている証拠なのです。

モチリンが分泌されるたびに、

胃腸は収縮し、剥がれた粘膜や残留物がどんどん運べれていき、

便として排泄されます。

このような作用があり腸内がキレイになり、腸内環境がととのっていきます。

モチリンが出ていない、つまり、お腹の掃除ができていない状態で朝食をとると、

お腹の掃除は完全にできず、宿便となって腸内に溜まっていってしまうらしいです。

モチリンは、若くて胃腸が健全な人は空腹の時間が6時間あれば分泌されるが、

胃腸が弱っていたり、年齢を重ねたりすることで、

分泌されるまでに時間がかかる。

だから、胃腸が弱っている場合はなるべく時間を空けて、

モチリンが分泌されるようにすることが大事なのです。

よく、寝る前に食べ物をとると良くないと言われるのは

このモチリンが関わっているのでしょう。

昔の人の知恵ですね。

自分の胃腸の力を把握した上で食べ過ぎてモチリンが分泌されていない状況にならないように

量を調節していきましょう。


カーボローデイングで何を食べる?


カーボローデイングは基本的にマラソンで必要なエネルギーを食事で補給する際に

炭水化物(カーボ)を摂取しようというのが基本的な考え方です。

炭水化物は糖質➕食物繊維なので、グルコースエンジンですね。

しかし、エネルギーを作り出す仕組みはこれだけではないのです。

以前お話しをしたアミノ酸もエネルギーを作り出します。

アミノ酸については以下の記事を参考に

最近よく聞くアミノ酸。 調べてみると、私たちの体を作っているアミノ酸の種類は 何と20種類(意外と少ないのね) と...

アミノ酸はタンパク質を構成している要素なので、

タンパク質を摂ることも大切です。

食事でタンパク質を摂取しておかないと、

運動してエネルギー源を確保するために、

体は自分のタンパク質をすぐに分解して使おうとしてしまうので注意が必要です。

筋肉とかも分解されます。

マラソン選手って運動をしているのに、痩せている人が多いですよね。

タンパク質不足で、体が筋肉を分解しちゃっているんではないかなと思っています。

筋肉を守るためにもタンパク質も必ず摂取しておきましょう。

そして、今回カーボローディングで炭水化物以外に摂取した方が良い栄養素が

こちら!

脂質です。

脂質はケトン体エンジンといって、

我々の祖先が原始時代に使っていたエネルギー源です。

農耕が始まったのは数千年前です。

それよりも前は農耕は行われておらず、

我々の祖先は狩りや採集で手に入れた食べ物を食べて生きていました。

狩りや採集なので、取れない日もあるだろうし、

台風でとることに行くことができない日が続くこともあります。

そんな時に、生命を維持するために使われていたのが、

脂質です。

カナダのオーエンス博士が断食中に脳が何をエネルギー源をして使うのかを実験したことがあります。

結果としては、

ケトン体の一種のβーヒドロキシ酪酸が最も多くて、50パーセント

次に多いのがブドウ糖が30パーセント

αーアミノ窒素が10パーセント

アセト酢酸が10パーセントになります。

その中で注目されるのがβーヒドロキシ酪酸です。

ケトン体は脂肪が分解されてできる物質。

体はこの脂肪を使ってエネルギーをうみだすということである。

なので、

レース前の家に帰っての食事は

タンパク質をとる

脂質もとる。

炭水化物もとりましょう。

炭水化物だけでなく、

他のタンパク質や油も足りましょう。(リノール酸が多いもの)

魚の油や、エキストラバージンオイルも買い出ししておきましょう。

以上

カーボローディングでパスタやご飯はたくさん食べたほうがいい?

でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. minecraft より:

    These are in fact fantastic ideas in about blogging.
    You have touched some pleasant factors here.
    Any way keep up wrinting.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。